ネット証券の手数料

ネット証券の手数料としては、入出金の場合の入出金手数料と株の売買の場合の売買委託手数料があります。
口座管理料が一般の証券会社の場合には必要になることがありますが、ネット証券の場合には無料です。
まず、株を売買するには、自分のネット証券の口座に入金する必要があります。
また、出金を証券口座からするためには、指定の銀行口座へ振込んでもらう必要があります。

この場合には入出金手数料がかかります。
詳しい入出金の方法や手数料については、それぞれのネット証券の公式サイトなどで紹介されているので参考にして、できるだけ手数料がかからない方法を選択するようにしましょう。
自分の証券口座に入金することによって、株を実際に売買することができるようになります。

売買委託手数料は、売る場合にも買う場合にもかかるので、往復で必ず考えるようにしましょう。
証券会社によってこの売買委託手数料は設定が違っており、投資スタイルによって証券会社を選択することが大切です。
例えば、何回も一日に売買するようなデイトレードの場合であれば、一日などの定額制の手数料や一日の合計の約定代金での手数料を選択したり、売買が一回あたり大きな額であれば、売買一回あたり定額の手数料を選択したりすれば手数料が節約できます。
月に数回くらいでそれほど大きな額でなければ、売買の一約定ごとの額に応じた手数料がおすすめです。
本サイトでは、売買手数料とは、売買手数料がかかる、についてご紹介します。